お知らせ ・ メイン

2014年04月16日

ミャンマーの僧院学校教室の修理にご協力ください

ヤンゴン市内の僧院学校の教室が老朽化し、授業に支障が出ています。
教室改修のための募金にご協力をお願いしています。

2014-b.jpg
支援を予定しているキャンキン僧院学校の教室の壁には、日本の子どもたちからのメッセージ(布絵)が飾られています。

2014-a.jpg
教室の床は、ところどころ抜け落ちています。

アジア子ども交流支援センターでは、2001年よりミャンマーの公設学校や僧院学校の子どもたちと日本の子どもたちの交流を支援してまいりました。
両国の子どもたちのメッセージを、様々な形で交換し合うという交流のほかに、なかなか整わないミャンマーの教育環境の向上に少しでも役に立とうと、日本の小中学校の子どもたちの協力を得るなどして文房具などの教育資材を出来るだけ集め、同国の子どもたち一人ひとりに手渡すといった活動を続けています。
また、劣悪な施設環境をなかなか改善できない学校も少なくなく、こういった学校に机の寄付や設備の修繕といった支援も断続的に進めています。
現在、この国は民主化の方向に向かい歩み始めてはおりますが、政情の不安定な期間があまりにも長かったために、教育現場では今なお公的な整備が大きく立ち遅れたままになっています。
ヤンゴン市内にあるキャンキン僧院学校では床や天井が著しく痛み、照明設備も整っていないため授業は薄暗い教室で行われています。
そこでこの度、同校の教室修理費を確保するための募金活動を行っています。皆さまの暖かいご協力を、どうぞお願い申し上げます。集まった募金を基に、本年中に、改修工事を終了させる予定です。

<振込先>

八十二銀行 浅川若槻支店 普通 367551 アジア子ども交流支援センター

ゆうちょ銀行 総合 記号11150 口座番号 30343191 アジア子ども交流支援センター

投稿者 tsuka

2009年10月09日

ハーモニー「夢」まつりスタッフ募集

恒例のハーモニー「夢」まつりが今年も10月31日(土)に開催されます。
AISCCでは毎年焼きそばとミャンマー風カレー作りとミャンマー物産の販売をおこなっております。(今年はミャンマー宝石アクセサリーを大量販売予定)
当日お手伝い頂けるスタッフを10名募集致します。奮ってご応募下さい。宜しくお願い致します。
締切は10月15日
日時: 10月31日(土) 8:30~15:30
場所: 川中島中学校体育館
連絡先:アジア子ども交流支援センター

投稿者 tsuka

2009年06月11日

「Peace Wave」第13号 発行

AISCC機関紙「Peace Wave」第13号が発行されました。
会員の皆さんには郵送されますが、会員以外でご希望の方は事務局までご連絡ください。
<第13号の主な記事>
・ミャンマーにて(2009年2月のミャンマーだより)
・一年半ぶりのミャンマー(2008年12月訪問レポート)
・米国大学院留学報告(最終回)
・第5回AISCC総会報告

投稿者 tsuka

2008年10月20日

「ハーモニー夢まつり」にご協力下さい

「ハーモニー夢まつり」スタッフを募集しています。
AISCCでは毎年開催されている「ハーモニー夢まつり」にボランティアで参加しています。今年は11月1日(土)に川中島中学校体育館を主会場に賑やかに開催される予定です。

当センターの担当はやきそば、ミャンマーカレーづくりと販売それとミャンマー物産品の販売とケナフのはがき作りです。やきそばコーナーは今年もジェイアール労組長野地本の方々にもお手伝いをして頂くことにはなっておりますが、まだまだスタッフが不足しています。

当日お手伝い頂ける方は至急事務局にご連絡下さい。宜しくお願い致します。

投稿者 tsuka

2008年06月05日

ミャンマー災害義援募金にご協力ください

ミャンマーサイクロン災害救援プロジェクトにご協力ください
ミャンマーでは5月2日から3日にかけ発生した大型のサイクロンによる被害は、死者行方不明者合わせ13万人以上で、国連の推計による被災者は240万人を上まわるといわれています。
アジア子ども交流支援センター(AISCC)ではこの災害に対して支援活動を行っています。

災害義援募金をお願い致します。集められた募金は、当会が支援をしてきた僧院学校を直接訪問し、支援金と支援物資を手渡しします。
今回支援を予定しているヤンゴン市内の僧院学校
1)Nyaung Done Parahita Monastery (ニャウンドーパラヒタ僧院学校)
2)Sasana Yetkhita Monastery (ササナイエティタ僧院学校)
3)Kyan Kin Monastery(キャキン僧院学校)


《募金振込口座》
八十二銀行 浅川若槻支店
普通 367551
アジア子ども交流支援センター


AISCCの活動と今回の支援について
アジア子ども交流支援センターでは2001年からミャンマーの子ども達に文房具などを贈る支援活動と、両国の子供たちの交流支援を続けてきました。今年で8年目をむかえています。
当地の状況をふまえ、活動の基本は現地を訪問し子供たちに直接手渡しするというスタイルです。
当初、公設の小中学校と孤児をあずかる僧院学校の両方を支援してまいりましたが、 2005年以降はミャンマー教育省が公設学校の訪問を許可しておりません。現在は僧院学校の支援が中心になっています。

投稿者 tsuka

2008年05月26日

アジアの料理教室開催のお知らせ

恒例になった料理教室のお知らせです。
今回は、講師にチャン・キム・バクさんをおまねきしてベトナム料理といたします。友人知人の皆様をお誘い頂き、ふるってご参加下さい。

<開催概要>
日時:6月1日(日) 午前10時開催
会場:長野市ふれあい福祉センター4階 調理室
テーマ:ベトナム料理
1)生春巻き
2)牛肉と竹の子の炒めもの
※お米は準備いたします

参加費:お1人700円 (小中学生は500円)
残ったお金はミャンマー災害支援金にまわします。
申込み締め切り日: 5月28日
お申込み、お問い合わせはアジア子ども交流支援センター事務局へどうぞ

投稿者 tsuka

2007年05月29日

ミャンマースタディツアーのご案内

毎年夏に実施しているミャンマースタディツァーの参加者を募集致します。
今年の予定は下記の通りで、現地の僧院学校訪問と観光を予定しています。航空券取得の都合で早めにまとめますので出来るだけ早く申込み下さい。

【実施日】8月12日(土)~18日(土)早朝帰国
【費用】
航空券:中部国際(名古屋)~バンコク~ヤンゴン往復チケット144,860円
ミャンマー滞在費(ホテル代・バガン往復航空券・食事代含む):500ドル~550ドル
中部国際往復交通費(例):長野・須坂市~中部国際空港往復航空タクシー19,000円
【参考サイト】
中央タクシー航空便 http://www.chuotaxi.co.jp/air/airline.html
ミャンマー入国ビザ取得料金 http://www.asialand.jp/visa/my/

以上です。今年はお盆休みを挟んでいますので例年より割高になっていますが宜しくお願い致します。
会員以外の方の参加を歓迎いたします。

投稿者 tsuka

2007年04月06日

アジア料理教室開催のご案内

モンゴル料理教室を開催いたします。お友達をお誘いのうえ奮ってご参加下さい。
会食時にモンゴルのお国事情をお話頂けます。

【開催概要】
料理:モンゴル料理
(1)ホージュル(小麦粉とひき肉を使った料理)
(2)スぺツァエ(お茶)

講師:ナランゴアさん(日本在住8年・写真下)とツェネさん(信大留学生)のお二人
日時:4月21日(土)時間 9:00~13:00
場所:長野市ふれあい福祉センター(長野市役所となり) 調理室
持ち物:エプロン
参加費:500円(高校生以下300円) ※材料代の残りは支援金に繰り入れます。

申込み:4月18日までに当会(026-295-9815)へご連絡下さい。
narangoa.jpg

投稿者 tsuka

2007年01月15日

「Peace wave」第7号が発行されました

「Peace wave」第7号がこのほど発行されました。
定期購読をしていない方でご希望の方は事務局までご連絡下さい。
pw0601.jpg
【第7号の主な記事】
・中国の子ども達への交流支援を始めます
・「夢まつり」とは
・教育基本法改正に思う
・上海で。
・まきば保育園バザーに参加
ほか

投稿者 tsuka

2006年08月07日

第4回アジアの料理教室開催

 猛暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。学校は夏休み中。海に山に楽しい毎日をお過ごしのことと思います。
 さて、お待たせしました。今年度最初の「アジアの料理教室」開催決定です!
今回は中国料理を企画しました。

餃子と卵料理の2品です。日本でもおなじみの餃子ですが、本場中国では皮から作るのが普通で食べ方も様々。楽しいお料理です。先生は中村晶子さん(中国名は陳晶)です。
また、今年も7月26日~8月2日に掛けてミャンマーに親善訪問団が教育支援の活動を行なって参りました。できたてのお料理を楽しみながら、ミャンマーでの活動報告、よもやま話などお聞かせしたいと思います。

下記の通り開催致しますので、お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。


日時: 8月27日(日)10:00~
会場: 長野市ふれあい福祉センター4F調理室
定員: 30名
会費: 1000円(小学生は半額)材料費で残ったお金は支援金に入れさせて頂きます。
持ち物: エプロン・米半合をご持参下さい。

お申し込み先:アジア子ども交流支援センター 事務局
電話: 026-295-9815
*先着順で定員(30人)になり次第締め切らせて頂きます。お早めにお申し込み下さい。

投稿者 aoki

2006年06月24日

Peace waveを購読しませんか

アジア子ども交流支援センターの機関紙「Peace wave」を購読しませんか。年4回発行で、1部120円です。
最新号[5号]の主な内容は、「夢想的北京(現地レポート)」「楊さんからの便り(リレー寄稿)」「AISCC通常総会報告」「偏見の転換点・・インド旅行を通して・・」などで、このほか国境を越えて様々な話題が掲載されています。ご希望の方は事務局宛ご連絡下さい。
pw-3.jpg pw-5.jpg

投稿者 tsuka

2006年06月16日

2006ミャンマー訪問メンバー募集

今年のミャンマー訪問は7月26日~8月2日に予定されています。
目的地はヤンゴンとバガンです。参加ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

投稿者 tsuka

2006年04月13日

総会と氏原先生講演会のお知らせ

4月23日(日)に2006年度AISCC通常総会が予定されておりますが、当日同会場にて氏原暉男先生(信州大学名誉教授)のお話を聞く会を予定しております。氏原先生は、ミャンマーにおいてソバの栽培を広めてきた長い間の経験をお持ちです。総会に出席できない方、会員でない方でも参加できますので希望者は事務局にご連絡下さい。
■開催日 : 4月23日(日)
■会場 : 長野市南千歳公民館
■当日のスケジュール:
14:00~15:00 : AISCC通常総会
15:00~16:30 : 氏原先生講演会
17:00~ : 懇親会


投稿者 tsuka

2006年01月25日

料理教室を開催します

次回の料理教室のテーマはネパール料理です。
講師はおなじみのマンジュ・バラールさんです。メニューはおって告知いたします。
定員が限られていますので、希望者は早めに事務局宛に連絡をお願いします。

開催日時: 2月26日 10:00-14:00
会場: 長野市ふれあい福祉センター調理室
内容: ネパール料理
募集定員: 30名
会費: 1000円

投稿者 tsuka | コメント (0)

2005年10月26日

第2回アジアの料理教室のご案内

テーマはおいしい韓国料理です
お隣の国、韓国の料理で参鶏湯[サムゲタン](写真左)と白菜キムチ(写真右)を作ります。韓国には「薬食同源(やくしょくどうげん)」ということわざがありますが、病気を予防して健康に暮らすには日々の食べ物や食生活が大切だという意味で使われます。参鶏湯はその代表的な料理です。先生は金良子さんと金雪さんにお願い致しました。下記の様に開催致しますので奮ってご参加下さい。

sumgentan.bmpkimchi.bmp

《開催概要》        
日時: 11月13日(日) 9:00~ 
場所: 長野市ふれあい福祉センター調理室
定員: 30名(カ゛ールスカウト長野県第4団との共催です。お早めにお申込下さい)
会費: 1000円 
持ち物: 1.エプロン 2.米半合 3.袖の長いゴム手袋 4.タッパ(キムチ持ち帰り用)
申込み先: アジア子ども交流支援センター Eメール&電話で、先着30名で締切。
事務局 026-295-9815

投稿者 tsuka | コメント (0)

2005年08月20日

ミャンマーから無事帰国しました。(7月30日~8月9日)

 恒例の夏のミャンマー訪問団は長野市から3名、松本市、駒ヶ根市からそれぞれお一人づつの5名で訪問してきました。皆さん元気に帰国で来ました。ありがとうございました。

 今回は残念ながら教育省の都合で予定をいていた公設学校3校には訪問できませんでした。皆様にご協力を頂き用意した文房具と井戸掘りの資金は届けられませんでした。しかし、ミャンマー教育省のウ・ エィ ・ミィン(U Aye Myint)さんは「次回は許可できるでしょう」と約束をしてくれました。

 僧院学校への訪問できました。どちらの学校の子どもたちも私たちの訪問を大歓迎してくれました。
ニャウンドウパラヒタ僧院学校(児童134名、教師6名)は今年から中学1年生の教室が増設されました。
退職された男性の教師の代わりを含め2人の女性教師が着任していました。今回の寄付は文房具をはじめ日本の子どもたちから送られた布絵や絵画などの他に長野市の裂織の会制作のシャンバック26個などを送ることができ大変喜ばれました。

 キャンギン僧院学校(児童115名、教師4名)はこれまでグローバル教育支援センター時代にもなんども訪問した学校です。これまでに机の寄贈や敷地内の整備も行ってきましたが、今回訪問してみると、新たに屋根付の渡り廊下が造られており、激しく降る雨のなかでも濡れることなく教室に移することができました。文房具のほか布絵などを寄贈しました。

 私たちと同時期にミャンマーを視察していたWFP(世界食糧計画)のジェイムス・モリス事務局長が5日、ミャンマー視察を終えバンコクで記者会見し「ミャンマーの子供たちの100人の内40人の栄養が足りていない。地方の子どもたちは80㌫が栄養不足だ」と語り、さらに、この状況が続くと

1.学校への就学が続けられない。
2.体力が落ちており病気にかかり安い。
3.子供たちの死亡率が高くなる

「非常に深刻な状況だ」と警告しています。

 今回叶わなかった公設学校への訪問はミャンマー教育省と連絡を取りながら、なるべく早い時期に実現させたいと考えています。また、首都ヤンゴンで比較的貧しい人々が暮らすタケダ地区では34番小学校の他に10番小学校にも井戸がないことが分かりました。皆様のご協力を宜しくお願い致します。最後に今回の支援にご協力を頂きました皆さん、ありがとうございました。

投稿者 | コメント (0)

2005年06月17日

ミャンマーちょいかじり 料理(+簡単トラベル会話)教室

ミャンマー料理を作って味わってみませんか。

 長野市在住のカンチュンさんにダンパウ(ミャンマー風炊き込みご飯)を教えていただきます。
食べたらはまる現地でも人気の高い料理です。
 食後には、信大工学部留学生のナンニンヌェサンさんによる、旅に使える!!簡単トラベルミャンマー語会話レッスンも予定しています。
是非、この機会にご参加ください。
詳細は、下記のとおりです。

           記
日時   7月3日  9時45分~受付 10時~2時くらいまで
  於    長野市ふれあい福祉センター
参加費  1,000円
持ち物  エプロン
申し込み 事務局(026-295-9815)まで

投稿者 seki

2005年05月28日

ミャンマー支援にご協力下さい

募金または文房具をお送りください
(1)募金
募金は文房具や教室の机等の現地購入資金、及び学校への井戸設置費用などにあてられます。
文房具を現地調達とする理由は、日本から持ち込むには重量的に限界があることと、現地のほうが安く(1冊約10円以下)買えること、また現地購入によって支援国の経済に少しでも寄与しようという意図によります。
【募金振込口座】
■八十二銀行 浅川若槻支店・普通預金 367551・アジア子ども交流支援センター

■郵便貯金 総合 記号11150・口座番号30343191・アジア子ども交流支援センター

(2)文房具
(お手元にある未使用のもの)
お手元に未使用の文房具がある方は、たとえ一つでもかまいませんので、お送り下さい。
お手元にない場合は、わざわざ購入していただくよりも、その資金を募金していただいたほうが、前述のとおり効率のよい支援ができますので、よろしくお願いいたします。
【募集している文房具】
エンピツ(黒または赤・H~2Bまで)・ボールペン・シャープペンシル・消しゴム・エンピツ削り

3)注意事項
a.ノートは募集しておりません  これは前述(1)の理由によります。
b.使い古しの文房具はご遠慮下さい
子供たちが気持ちよく使えるように未使用の文房具に限らさせていただきます。
当プロジェクトでは、教育支援を不用品の集積機会とするのではなく、使いかけの文房具は、私たち当事者が責任を持って使い切るべき、と考えています。

投稿者 tsuka

2005年スタディーツアー参加者募集

今年(2005年)は7月末~8月上旬にミャンマースタディーツアーを予定しています。
このツアーによるミャンマーへの支援活動に、一緒に行っていただける方を募集しています。
お問い合わせはAISCC事務局(026-295-9815)までどうぞ。

投稿者 tsuka

会員募集

アジア子ども交流支援センターでは、会員を募集しています
1.正会員
a.個人(年会費3,000円) b.企業・団体(年会費10,000円)
2.賛助会員
a.個人(年会費10,000円) b.企業・団体(年会費30,000円)

※お申し込みはAISCC事務局(026-295-9815)へお願いいたします。

投稿者 tsuka

2005年05月21日

活動支援チラシが出来ました

いよいよ活動を開始したAISCCでは、会の理念を伝え支援活動に協力していただける方を広く募ろうと活動支援用チラシを作成いたしました。 これにより、会員の募集、募金・文房具支援の呼びかけ、夏に予定されているスタディーツアーの参加者募集などを多くの方々にアピールしていきます。 このチラシを、ぜひ皆さんご自身の周りにもお配りいただければと思います。ご協力いただける方は事務局(026-295-9815)までご連絡下さい。

投稿者 tsuka

2005年04月23日

ホームページ開設しました。

アジア子ども交流支援センター(AISCC)
Asia International and Exchange Support Center for Children

当サイトのエントリーを本日より開始いたします。またデザインのカスタマイズなどは順次進めてまいります。宜しくお願いいたします。

投稿者 tsuka