« 2006AISCC通常総会報告 | メイン | AISCC1周年記念講演 »

2006年05月05日

夢想的北京

 おそらく、現代の日本ではこれほど短期間のうちにこんなにも街のようすが変わってしまうことなどないのではないか。
 マイレージをためて頂戴したチケットで飛行機に乗り、再び北京に降り立ったのは2月10日。春節が終わり、明日は元肖節(ユエンシャオジエ)という、寒い日だった。
 8年前に短期留学生として青春のひとこまを過ごした、懐かしい北京語言文化大学。そのほとんど校内にあるともいえるこぎれいなホテルに宿を求めた。校内を歩き、きらきらしていたあの頃の思い出に浸りたいと思った。
黄砂とスモッグでかすんだ街と極端に乾燥した埃っぽい空気。さんざし飴の鮮やかな赤。立ちのぼる温かい湯気。人間の生きる営みを感じさせてくれる街。大好きな北京は何も変わらずに私を待っていてくれるはずだった。でも。

 オリンピックが開かれる2008年を前に、北京は急激にその姿を変えようとしていた。想像を超える巨大なホテルが林立する王府井だけでなく、郊外の大学や市民が暮らす団地も古いレンガ造りから、無機質なコンクリートやしっくいのハコに変わりつつあったのには少なからずがっかりした。懐かしの大学校内を歩いても当時の面影を感じることがず・・・。寮から校舎まで、図書館から食堂まで、歩き慣れたはずの道は・・。呆然として必死で記憶をたどる。
 もともと共産主義国の中国では、区画整理や団地整備の折に住民説明などしないし、整理のやり方も非常に豪快かつ大雑把だ。あっという間にひとつの町並みがなくなってしまうことなど以前もあった。それにしても。
 在学していた頃、学校から歩いて5分ほどのところに大きな自由市場があった。留学生が足繁く通ったそこでは、食べ物はもちろん、衣服や日用品、家具までなんだってそろった。混沌とした魅力的な場所だった。焼き栗を頬張りながら、どこまでも続く狭い路地をあてもなく探検するのが楽しくて仕方なかった。8年後の今、その場所にあるのは大きな新しいアパート群だ。かつての賑わいも、たくさんの人やものもぜんぶ、跡形もなく消えてしまった。
 高度成長を経験していない私は急激に変わりつつある街の姿になじめない。思い出がなくなっていく寂しさばかりを感じ、大きいだけのハコモノに美しい未来を見ることができない。旅人の無責任な感傷だとわかってはいるが、気持ちを整理できないまま帰国の途についた。
(中川 久美子)

投稿者 tsuka : 2006年05月05日 18:04