« 中華人民共和国訪問報告 | メイン | 韓国料理だ!第2回料理教室開催 »

2005年11月05日

想北京

 北京―7年ぶりに訪れたこの街は大陸特有の白っぽい埃とスモッグに霞み、不自然なまでに巨大な建築群が林立していた。宿を求めた北京一の大繁華街王府井は、相変わらず人でごったがえし、その隙間をぬうようにタクシーが疾走していく。
 北京のタクシーといえば、かつては「シャーリー」と「面包(ミエンパオ)」が普通だった。シャーリーは赤の小型シャレード、面包は黄色のハイゼットで、車体も内部も相当なシロモノだったが、便利で安かったので私もよく利用したものだ。

■変貌する大都会
 7年ぶりに北京空港に降りたってまず驚いたのが、街を行く車が随分洗練されたことだった。シャーリーも面包もほとんど見かけず、シトロエンやソナタの新車(?)が街を埋め尽くしている。タクシーもモダンなセダンタイプのものばかり。風景もなんとなく感じが変わった気がする・・。世界の大都市と言われながらも土臭く、アジア特有のごちゃごちゃ感と喧噪に包まれていた北京はなくなってしまったのか?3年後に迫ったオリンピックに向けて、街の雰囲気が着々と変わりつつある―。空港から市街地へと向かう高級タクシーの後部座席で、懐かしさと一抹の寂しさをぼんやりと感じていた。
☆ ☆ ☆
 7年前、大学で東洋史を専攻していた私は、どうにかして本当の中国を見てみたいという思いにいても立ってもいられなくなり、大学に1年間の休学届けを出して飛行機に乗ってしまった。中国は初めてではなかったが、観光で訪れるのではなく、地元の人と同じように買い、食べ、暮らすのだということに、異常なほど興奮していた。
 当時の北京は驚くべきスピードで経済発展を続けていた。ものによっては価格が半年で3倍以上にもなり、8年前の天安門事件も歴史に変わりつつあった。数年前まで存在していた「兌換券」は廃止され、外国人でも自由に人民元を使えるようになっていた。外国人が自由に旅行できない「非開放都市」はまだまだあったし、市内の観光でも中国人と外国人とでは入場料金に明確な差があったりしていたが、それでも外国や市場経済に対して心を開き始めた新しい中国の姿は刺激的だった。
私が勉学の場所として決めた北京語言文化大学は、外国語教育を専門的に行うエリート大学で、世界各国の留学生が集まっていた。アメリカやヨーロッパ、アフリカ大陸のほか、東南アジアや韓国、日本人がそれぞれのスタイルで学生生活を楽しみながら中国語を勉強しているのだった。あれほど外国人が集まる場所を北京ではほかに見たことがない。
 長期の留学生を別にすれば、中国人学生と外国人は宿舎から校舎まで明確に分けられていたのだが、その中でも、外国語を学ぶ中国人学生と「互相伴助(フーシャンバンジュー)」といって言葉を教えあいながら一緒に勉強するということがよく行われていた。私も蘇州出身の同い年の女子学生と一緒に勉強していたが、彼女たちの勉強に対する真摯な姿勢や、将来を見据えた自意識の持ち方にはいつも感銘を受けていた。両親への思い、両親に期待されている自分、大学生としての社会への責任など、おそらく日本の大学生とは比べものにならないくらいのプレッシャーやエリート意識を感じているのだろうと思う。

■生まれた場所で将来が決まる不平等
 実際、大学に入学できる子は、14億人ともいわれる中国国民のほんの一握りで、特に北京の大学はエリート校だ。ただ、中国人の将来は生まれた場所によって決まることが多く、農村に生まれれば一生農村から出られない人も多い。大学の入学試験にしても地域ごとに難易度が異なり、北京出身の学生は比較的簡単だ。卒業後の就職も北京出身者の方が有利という。
 街の雑踏の中で物乞いをしている子どもも多く、圧倒的な貧富の差や階級の差を見せつけられたのも北京だった。日本中のどこに住んでいても、外国に行きたいと思えば留学もできる。物価が高く、人生設計が立てづらいと思う「日本」でも、自分自身の力ではどうしようもない、例えば地域的な不平等などは感じることは稀だろう。中国という大国の闇の部分は、まだ相当な面積を占めている。

■反日感情のこと
 今回の中国行きにあたり、よく質問されたのが「反日感情は大丈夫なのか」というものだった。中国の反日運動については5・4運動から始まり、戦争が絡んだ複雑な歴史があったりして、とても一言でまとめられるものではない。
 現代社会を生きる庶民の中では、これまで幸か不幸か「反日」のような感情を感じたことはなかった。ただ、街の人たちの友好的な笑顔に甘えてはいけないと思う。高慢にならず、自虐的にもならず、両国の歴史を歴史として認識したうえで、同じアジア人としてどんな関係を築いていけるのか、本気で考えていかなければならないと思う。 
(中川久美子)

投稿者 tsuka : 2005年11月05日 23:16